AIカフェロボット「rootC」ってなに?使い方、口コミ評判は?

レビュー
スポンサーリンク

 

2021年4月、JR新橋駅にAIカフェロボット「rootC(ルートシー)」が出現。

「チラ見する人、写真撮る人はいるけど使っている人を見かけない」ってことで実際に使ってみたら、何ともハイテクな便利マシーンでした!

  • rootCの使い方は?
  • rootCはどこにあるの?
  • rootCの口コミ評判

についてまとめました。

AIカフェロボット「rootC」とは?

「淹れたてのスペシャルティコーヒーをいつでも注文、すばやく受け取り」がコンセプトのAIカフェロボット。

利用者が受け取りに来る時間に合わせて、自分好みのコーヒーを淹れておいてくれる、コーヒー好きのための新しいサブスクリプション(月額定額制)です。

▼主な機能と特徴▼

AIがあなた好みのコーヒーを考えてくれる
・受け取り時間を決めてスマホから注文しておくと、コーヒーを淹れて待っていてくれる
・単品購入可能(450円)
サブスクリプション(月額定額制)のプラン次第では無限に飲める
・カフェラテとかじゃなく、こだわりぬいた6種類のコーヒーのみの取り扱い
・砂糖とミルクは毎回セルフ
・サイズはアイスとホットでそれぞれワンサイズ

2つの料金プランとコスパ検証

では、気になる料金とコスパはどうでしょうか?

利用方法は以下の2通りです。

  • いたってシンプルな単品購入
  • 利用回数で選べる2種類の定額プラン(サブスク)
    →プラン次第で、飲めるコーヒーは何度∞杯!!
単品購入 450円(税込) ■とりあえずお試し希望の方■設置個所が増えてから使おうかなって方におすすめ
8杯までプラン
(月額定額制)
1,980円(税込)

248円/杯

■週2回くらいは利用しそうな方におすすめ
∞に飲めるプラン
(月額定額制)
7,980円(税込)

32杯以上でお得

■1日2~3回はコーヒー飲む方■平日も休日も使いに行くよって方■rootCが身近にある方におすすめ

コスパを考慮すると、8杯飲むか、32杯以上飲むか?という考え方になってしまいがちですが、rootCが生活ルートの中に存在するかっていうところも考慮する必要がありそうですね。

※サブスクとして利用する場合「初月無料」とありますが、初月のみ利用した場合はしっかり料金を支払わなければならないので注意してくださいね。2ヶ月以上の利用を検討している方向けの特典ですね。

rootCはどこにあるの?

現時点(2021年4月30日)では全国に2か所です。まずはサラリーマンの街、新橋からスタートしてオフィス街に展開していくのではないでしょうか。

 

東京駅日本橋口丸の内ビル2F

営業時間:平日7:30~20:00
※セキュリティカードを持っている場合は土日祝日を含めた6:00~24:00まで

■こちらは丸の内にあるオフィスビルの中なので一般の方の利用はなかなか難しいですね。
JR新橋駅北改札前

営業時間:駅開業時間に準ずる


■改札出た目の前にあるのでわかりやすいです

使い方はとっても簡単

使い方はいたってシンプル。最初にスマホからユーザー情報だけ登録してしまえば、後は受け取り受け取り時間とコーヒーを選ぶだけです。

引用元:rootC公式ページ

実際に使ってみた

さっそくアプリダウンロードから始めてみました。

ダウンロードしてから、個人情報を入れて購入できるようになるまでの時間は大体10分くらいでした。設定途中のアンケートに回答することで自分好みのコーヒーを考えてくれるって仕組みです。

ではさっそくスタート!

■まずはrootCのアプリをダウンロード

■名前、メアド、パスワード、クレカ情報を入力

■7つの簡単な質問に答えると

■AIがおすすめコーヒーを選んでくれます。これで購入準備完了!

■さっそく受け取り時間とコーヒーを選択して、rootCのもとへ!出来上がると通知で教えてくれます。

■rootCの前に到着し、「ロッカーを開ける」ボタンを押すと

■指定されたロッカーの扉が開いて出来立てコーヒーとご対面です

■あとは隣のケースから、お好みで砂糖とミルクを入れて、ふたを閉めたら完成です!ちなみに小さめのカウンターなので2名が同時に作業すると満員です。ゴミ箱が無いので砂糖とミルクのごみは持ち帰るか、別の場所で入れましょう。

 

メリット

今回は単品購入をしてみましたが、実際に3つのメリットを感じました。ただし、∞杯飲めるサブスクとして利用した場合、生活リズムやルートに合っていればメリットはもっと増えると思います。

・誰とも接触なく、支払いの手間もないので受け取りがスムーズ
・「え?ナニコレ?」ってなってる人の横でさっと取り出すとカッコいい
・AIに選んでもらったコーヒーは美味しかった

 

デメリット

デメリットというか利用者目線の改善点としてはこのような感じです。

・ミルク、砂糖、マドラーを捨てるゴミ箱がない
・到着時間がずれた場合は冷める(ぬるくなる)
・作業カウンターが小さく、2名が同時に利用すると満員

口コミ評判

では使ってみた方の口コミを見てみましょう。


この方は無限にコーヒーが飲めるプランにしたようですね。毎日新橋に通う社会人の強い味方です。


私も同じく、まずは単品購入で試しました。気に入ってから定額制へチェンジするのが間違いないですね。


ちょいと使い方に戸惑う方もいますね。迷子になったら、記事の上の方をご参考にしてください。

まとめ

  • 会計や待ち時間がなく、手ぶらでもさっと受け取れて便利
  • AIが自分にぴったりのコーヒーを選んでくれる素敵なサービス
  • AIカフェロボット「rootC」がいろんな場所に設置されればサブスクとして使いやすい
  • 8杯と∞杯の間の料金プランが欲しい(個人的要望)
  • 新橋駅のrootCはその場で調理(砂糖、ミルク追加)がしにくい
  • 今までに無いサービスなのでカッコいい!

これからの展開や改善に期待ができて、近未来的なサービスだと思いました。コーヒーだけではなく、スムージーとかのマシーンも設置されていくかもしれませんね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました